a*2008.3.21.出産

2008年7月29日 (火)

出産だぁぁ!!

病院につき、なんだか腰やら下腹部が痛い…

内診してもらいお腹にベルトをつけ赤ちゃんが元気か確かめる。
『赤ちゃんはげんきですよ!破水ですね。』と、即入院。
陣痛も始まったので、前期破水ではなく同時に始まったとゆうことになった。

拭いてくれた紙を見ると、羊水が血や赤ちゃんの便で緑のものがついていた。
前に本で読んだとき、赤ちゃんがお腹にもういれなくて苦しくなるとウンチをする、もし飲み込んでしまうと肺などに入って危険と書いてあったのを思い出し、一気に不安になって泣き出してしまった。
助産師さんはすごく優しくて元気づけてくれた。

破水をすると24時間以内に生まないと危険なため陣痛促進剤を使うことになる。
それだけはすごく嫌だったのでがんばろうと思った。

助産師さんとツトムとLDR室へ向かった。
この病院は陣痛室と分娩室と別れていなく、万が一のときのみ分娩室にいくようになっている。

LDR室はクラシックが流れていて、ホテルの一室みたいに綺麗。
機械が見えないように隠されていてベットも何もかも木目調で統一されている。
トイレもお風呂もテレビも冷蔵庫もついていてかなり素敵☆
陣痛から分娩までその部屋で過ごし、いざ分娩とゆう時にベットが分娩台に早変わりする仕組み。
落ち着いて出産できそうだしこの病院にしてよかったと思った。

陣痛がひどくなってきてかなりつらい…
病院に着いたのが6時半なのですでに4時間がたった。
助産師さんとツトムが
腰をさすってくれる。
それでも痛い…

さらに痛みが強くなり5分間隔、2分間隔とバラバラだが進み具合はかなり早いらしい。

だんだん正常じゃ居られなくなりツトムにしがみつき、腕がもぎ取れるくらい掴んでしまった…ごめん(笑)
ついに叫んでしまう…我慢しようと思っていたのに声がでてしまった(笑)
助産師さんはそれから出産まで常に居てくれて、いきみたくなるたびにおまたを押さえてくれてかなり楽になった。
子宮口が全開になるまで待たないと赤ちゃんに酸素が行かなくなるので我慢我慢(+_+)

陣痛の波が来ていきみたくなると私が呼吸を止めてしまうので、赤ちゃんに酸素がいかなくなり、心拍数が低下。
そのたびにツトムと助産師さんが『深呼吸して!スーハー!』と一緒に頑張ってくれた。

途中気を失い眠ってしまった時が何回かあり、ツトムが
『死んじゃったのかと思った…』
…って!死ぬわけねーだろ(笑)

実際陣痛の間、痛すぎて食べることも飲むこともできなかった。
水分がなくなるからって助産師さんがペットボトルのお茶を飲ませてくれたり、私が痛すぎて暴れていたので髪の毛がぼさぼさになったのを、結びなおしてくれたりした☆

子宮口が7センチくらいになると『もう無理ぃやめたいー』と号泣する始末…
『もうすぐ会えるからがんばって!』と助産師さんもツトムも笑っていた。
私ばっかりこんなに痛い思いして!と無性にツトムがむかついてきて、
『ほんとムカつく!なんで私ばっかり痛いんだよぉ!ずるいよ!』
と暴言(笑)
それには助産師さんも大うけしていた。


さらにしばらくいきみたいのを我慢して、『もう無理ー出ちゃうー』
もう限界だった私、完全にブチギレている(笑)

それからはかなり早い早い!
助産師さんが隣の部屋から分娩に必要な機械を取り出しセッティングして、ベットが分娩台に早変わり!
先生を呼び助産師さん達が全員で6人くらい集まった。

ついにいきめるぞ!

PM1時

『仰向けにねて足を乗っけてください』

つとむは立ち会うのは嫌がっていたが結局立ち会うことに…
今まではかなりツトムは役に立ったが、ここから先は役目なし(笑)

『次の波が来たらいきんでみようか』

きたっ!息を吐いてから大きく吸って止めてお腹に向かっていきむ!!

んんーーーっ!!

今までの陣痛の間に狂っていた私が嘘みたいに、冷静になった。
おまたが痛すぎてやけどみたいに熱くなり裂けそうな感じ(+_+)

2回いきむと、『上手じょうず!もう頭出てきたよ!肩が出そう!』

3回目には、するぅーっと!かなりスッキリした爽快な気分だった。

同時に『おぎゃー!』

私のお腹から人間がでてきたぞっ!
かなり不思議な感覚だった。
いきなり客観的になり信じられない光景を見ているようだった。

ふと我に返り、『あー!よかったぁ(T^T)』
嬉しくて号泣した。

ふと隣を見てみると、ツトムが泣いているっ!!
ツトムも泣くんだ!初めて見た涙。

笑っちゃった(・∀・)アハ


2008*3*21**13:26分 3565グラム、51センチの大きな男の子☆
名前は慶斗と書いてケイト 初めまして♪


臍帯を切った後すぐお腹の上に乗っけて抱かせてくれた。
助産師さんが『写真とらないんですか?!とっていいですよ!』

そこでツトムが撮ってくれた記念写真。

その後はあれよあれよと進み、胎盤を出した後、私は切開していなかったので上も下も裂けてしまい縫っている間、隣で赤ちゃんが洗われ、体重やら身長やら計ってもらっていた。

洋服を着せてもらった後、抱っこしますか?と渡されツトムがおそるおそる赤ちゃんを抱っこしていた。ぷぷぷっ

なんだか似合わなくてすごく笑えた(笑)

子宮収縮剤を打ち、点滴を打ち始めた。
赤ちゃんとお揃いのname入りバンドをつけ、初乳をあげることに。
初めておっぱいを吸われる感覚、小さいのにすごく力強い。生まれたんだなぁ…生きてるんだなぁ…と実感した。

部屋は器具なども片付けられ、まるで何事もなかったかのようにきれいな部屋に戻った。
その後もその部屋で赤ちゃんとツトムと3人で過ごした。

陣痛が来て7時間で出産のスピード出産。
すげぇ…もう陣痛や出産の痛みがわかんないよ。
でももう2度と出産したくないとゆうことは確かだなと思った(笑)

お産が早く進みすぎたせいで肛門の粘膜が(痔とかじゃなくて)あり得ないくらい痛くて、裂けて縫われた部分よりもはるかに痛くて全く座れない…

子宮の収縮が悪く出血が止まらないため、飲み薬が処方された。

早くお産が終わったのはいいけどあとが大変になっちゃったよ(笑)

21時までゆっくりしたあと病室へ移動した。


つづきは生後0ヶ月目♪

Img_0358

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|